私が脱毛を試みた場所は、髭と陰部になります。

私が脱毛を試みた場所は、髭と陰部になります。

きっかけは、やはり体毛が非常に濃かったからです。髭については、普段は電機シェーバーで、風呂に入った時にはT字剃刀で髭剃りを行うのですが、その後みごとに青髭が目立ちます。陰部については、体毛がおへそ周りにまで達してきたため、なんだか恥ずかしい思いがありました。脱毛をするにあたって、金銭的に余裕のある状態ではなかった為、脱毛サロンに通うのではなく、市販の脱毛クリームを使用してみました。髭には「Null リムーバークリーム」を、陰部には「Null ブラジリアンワックス」を使用しました。両方とも、使用したときは非常に激しい痛みを覚えました。髭については、顔中がヒリヒリし、その割には髭が抜けるといった効果は得られませんでした。陰部は、一応陰毛は処理できるのですが、ワックスペーパーを剥がす時が非常に痛いです。また、陰毛(毛根)自体も太く、皮膚から無理矢理抜くため、処理した後は毛根からの出血を確認しました。痛みに耐えきれず、以後、市販クリームによる脱毛は諦めました。もし、脱毛を考えている方がいれば、素直に脱毛サロンへ行くことをおすすめしようと思います。

高校を卒業し、就職が決まらず手当り次第応募して採用された所がたまたま脱毛サロンでした。

ムダ毛なんてカミソリで剃ればいいやと考えていたので、元々脱毛には興味がありませんでしたが、従業員は無料で脱毛が出来たので技術の練習がてら終業後に自分も脱毛をしていました。

脱毛をして、1番効果が出るのが早かったのが私の場合は腕です。元々毛深いので夏場はほぼ毎日毛を剃っていましたが、脱毛してから1度もカミソリを当てたことがないくらいきれいに毛が減りました。うぶ毛程度は生えていますが、よく目を凝らして見ないと分からないくらいです。脱毛する前は毎日カミソリで毛を剃って、ブツブツと肌が荒れてしまっていたので、脱毛することによって肌荒れの心配が無くなるのはとてもよかったと思いました。

脱毛をしたきっかけは、小さい頃から腕の毛や足の毛が濃いのがコンプレックスだったからです。

小学生ぐらいの時から、父の電動髭剃りを勝手につかって剃ってみたり、市販の脱毛テープを買って試してみたりといろいろしましたが、やはり効果はその場限りでした。
高校や大学のときは永久脱毛という行為を知っていたのですが、とても高額で学生の自分には手を出せませんでした。
こんなに高額なら脱毛することはないなと、自己処理を続けていましたが、社会人になってから3年目に痛くなく安い脱毛の広告をみて、これならできる!!と試してみました。
人気があり予約がなかなかとれなかったものの回数を重ねるごとにだんだん体毛が薄くなっていき、今では全くと言っていいほど気にならなくなりました。
挑戦してよかったです。

北海道 背中脱毛